25歳独身男性会社員のセフレ募集の話

私は大学生時代には彼女が1人も出来なかった経験から、社会人になった暁にはセフレを作ってセックスを日常的に行う事を夢見ていました。
セフレは私にとっては夢の様な存在で、私が大学生の時にはセフレをどうやってどこで作ったら良いのかさえもまったく分からなかった状態でした。
しかし、私は4年前にインターネットの出会い系サイトの存在を知り、インターネットの出会い系サイトはまさにセフレの作り方のお手本の様な「セフレ募集」という書き込みがあふれており、実際にインターネットの出会い系サイトがきっかけでセフレをゲットしたという事例もインターネットの出会い系サイトの口コミレビューの投稿匿名掲示板に数多く書かれていたので、私はインターネットの出会い系サイトに試しで一度会員登録してセフレをゲットしてみようと試みたのでした。

私はセフレをゲットする為にインターネットの出会い系サイトに会員登録を行い、早速、「セフレ募集」という書き込みをしてみたのです。
すると私が「セフレ募集」という書き込みをしてからわずか20分後に最初の女性からの返信が届き、そこには「セフレ希望です」とのタイトルの後に「割り切ったお付き合いでセフレとなる事を希望しています」と書かれていました。
私は返信をくれた女性に返事をメールで送り、「割り切ったお付き合い、可能です」と返信をして実際にメールのやりとりをした翌日の土曜日の午後2時に駅前の噴水広場で待ち合わせをして出会う約束を取り付けたのでした。

私は駅前の噴水広場に翌日の土曜日の午後2時に出向くと、既にそこには茶髪のミドルストレートヘアのヘアスタイルの可愛らしいぽっちゃり体型の女性が待っていたのです。
彼女は私の存在に気が付くとにっこりと笑って「優しそうな人で良かったです」と言ってくれました。
そしてその後私達は噴水広場から喫茶店に移動してお互いの条件などを確認し合い、合意が取れたので私達はその日ラブホテルに行き、セックスを行ったのでした。

23歳ガテン系独身男性の淫乱の彼女の話

今付き合っている彼女にセックスフレンドがいることが判明した。
そのことで彼女を問いつめた。
もともと僕らの出会いのきっかけは出会い系サイトだった。
出会い系サイトをやるくらいの女だ。
確かにセックスフレンドくらいいてもなんら不思議ではないのだが、それでも僕は信じていた。
こいつはそんなことしないはずだと。
ところが、セックスフレンドがいることがわかったのだ。
判明した理由は、不用意なスマホだった。
LINEが届いた際に待機画面にメッセージが表示されるように設定していた彼女。
彼女のセックスフレンドから届いたLINEも待機画面に表示されたのだ。
これはもう隠しきれない事実だ。
僕は、彼女に、元々いた奴なのか、それとも最近作ったのかを尋ねた。
すると、彼女は最近出会い系サイトのセフレ募集掲示板で知り合ったのだと言った。
おいおい、最近もやってたのかよ。
ダメだな、この女は。
おれとしては彼女と別れる気分になっていたのだが、一応念のため聞いてみた。
「おれとセックスフレンド、どっちとるんだよ?」 彼女の答えはこうだ。
「あたしともっとエッチしてくれるんならあなたといたい。
あたしはもっとエッチしたいの。
欲求不満なの」 と。
こいつはすげえ、ど淫乱だな。
まさかの本音がそこにあったとは。
そりゃおれだって男だ。
セックスは好きだし、たくさんしたいと思う。
けれどもここまで真正面から女にやりたいと言われたらドン引きだ。
なんだか一気に冷めてしまった。
おれもまた出会い系サイトでもう少しまともな女探すかな。